teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


チャパティさま☆

 投稿者:とまさん  投稿日:2011年 6月 4日(土)22時18分54秒
  わー(^^;返信が凄く遅れてしまってゴメンなさい・・・

お引越しされたんですねー!!
徒歩5分って!生活環境を変えずに新居へとはいいですね(^^)

私、余りものを溜めるほうではないし
普段から結構おしげもなく捨てるタイプなんですが
一所に長くいると
いつのまにか、溜まってしまいますよねぇ・・(^^;
断捨離…
なかなかチャンスがないものです・・・

でも!!
チャパティさんの言うように
ほんとに着物って捨てられないですねー。
無駄のない衣装・・・
そして歳を経るごとに愛着の増す衣装です(*^^*)
 
 

引越して箪笥スッキリ

 投稿者:チャパティ  投稿日:2011年 5月23日(月)17時28分8秒
  とまさん、お久しぶりです

我が家は4月上旬に引越をしました。
同じ町の中の徒歩5分の距離に家を建てました。

この引越に当たり相当の不要物を
「断捨離、断捨離!」と唱えつつ
捨てに捨てまくって
箪笥の引き出しの洋服もごっそり捨てました。

こういう機会でもない限り捨てられそうにないので
最後のチャンスとばかり
とにかくクールに捨てまくりました。

お蔭で今まで洋箪笥に吊るしておいていたポリの着物も
引き出しに収まるようになりました。
今までは洋箪笥もギッチリで
着物を本畳みにしてズボンハンガーに掛けておいても
左右の洋服がタイトに挟んでくれていたので
袋になる心配もなかったのですが
引き出しに収まるに越した事はないので
清々しくなりました。ふー。

前の住まいには4年間住みましたが
4年間に一度も使わなかった物は何であれ
今後も使わないだろうとして
ものすごい量捨てましたあ~。
人は執着と妄想の中で生きてるんだなあと実感。

しかし着物で捨てた物は一つもありませんでした。
着物は捨てることなく親から子へと伝えられて行ったり
最終的には布としてリサイクルされる息が長く無駄がない物ですものネ。
 

>夏着物、夏襦袢

 投稿者:とまさん@管理人  投稿日:2011年 4月11日(月)21時29分21秒
  はじめまして(^^)にゃんこ先生さま♪

掲示板の不調でご迷惑をおかけしてすみません(^^;
ようやく復活した「質問板」へもお返事いれたいと思いますが
こちらをどこかでご覧になった方のためにもここへも
回答を書いておきますね(^^)


紋紗♪素敵ですね!!
絽も盛夏に着用するものですから季節的には全然問題ありません。
素敵な一枚がみつかるといいですね♪

実は私も暑がりでそのうえ汗かきなので夏の襦袢は洗える麻がメインです(^^)
麻もこなれてくれば着易くてお勧めですよ♪
 

夏着物、夏襦袢

 投稿者:にゃんこ先生  投稿日:2011年 4月10日(日)15時21分2秒
  はじめまして。
今まで時々、HPの質問掲示板を覗かせていただいてました。
初めて自分が相談させていただこうと思ったら、不具合の時で、こちらの掲示板を使わせていただきます。すみません。

夏の襦袢を新調しようと思っています。
よく着用する夏着物は、絽の附下げと絽の小紋なのですが、
昨年まではその下に同じく絽の長襦袢を合わせていました。

暑がりなので、今回は絽よりも涼しそうな紋紗の襦袢を初めて誂えてみようかと思っているのですが、
絹物の絽の着物の下に紋紗の長襦袢ではおかしいでしょうか?

今のところ今年最初の夏着物の出番は7月初旬なのですが、紋紗は盛夏の生地ですし、少し早いかな?と着用時期も気になっています。

お教えいただけますか?
 

Re:ひなまつりの子供着物

 投稿者:とまさん  投稿日:2011年 3月 6日(日)19時39分36秒
  こんにちは(^^)チャパティさん♪

着物を一番の楽しみにしてくれるなんて♪
私まですんごく幸せな気分になっちゃいましたよー(*^^*)

あの小さな手作り着物&帯を着ていた女の子が
もう腰紐だけで着付けられるなんてなあ・・・
すっかり大きくなったんですねぇ…しみじみ♪

どこのお内裏雛よりも可愛かったんだろうなぁ~~。

お正月、おひな祭りと季節の行事毎に
着物の触れる機会を自然につくってこられたチャパティさんはほんとに凄い。

みんな思っていても中々出来ないことですもん(^^)

13参りにはお嬢さんも自分で着付けとか出来るように
なっているかもなぁ~♪♪
楽しみですね!
 

ひなまつりの子供着物

 投稿者:チャパティ  投稿日:2011年 3月 4日(金)14時35分29秒
  お久しぶりです

「明日はひなまつりだ!」と、嬉しそうにしている10歳(小4)の娘に、
「ひな祭りの何が一番たのしみ?」と聞くと、「お着物-!」というではありませんか。
確かに毎年着せてやっているので、習慣になっていますが、
去年は一昨年に縫ってやった木綿の着物が、
たったの一年で小さくなってしまったのにショックを受けました。
丈は十分なのに身幅が・・・

それで、ネット通販の期間限定バーゲンを利用して、
大人のMサイズのポリの着物と二部式長襦袢を超お手ごろで買いました。
体に合わせて脇縫いをしてやったり、腰揚げをとったりする予定でしたが、
めんどくさくなってしまい、大人の着付けでエイヤー!と着せてみましたら、
着られてしまいました。(身長は140㎝で、特別大柄でもないのですが。)

下前は思いっきり折り返し、上前は真横まで回り込んできましたが、
結構まともに着られてしまってびっくりしました。
お端折りがすごく長いのは見ないふりしました。
(腰紐の他に胸でお端折りをとればまともになったでしょうが、
苦しいのはかわいそうなのでやめました)

七五三が済んで十三参りを迎えるまでは着物の谷間の世代で、
小学校高学年のジュニア着物というのがなくて
四苦八苦していましたが、これでもう大人になるまで大丈夫!
色も少女っぽい真っ赤ではなく、落ち着いた色目なので
長く着られます。

毎年の悩みが一つ解消してほっとしました。
 

岡野@てっちゃんさま★ゆうしさま★

 投稿者:とまさん@管理人  投稿日:2011年 1月 5日(水)22時21分32秒
  岡野@てっちゃんさま(^^)
あけおめありですー♪
こちらこそ今年も宜しくお願いしますね(*^^*)
素敵年賀絵もありがとうございます!
開いた瞬間色っぽくてドキドキしちゃいましたよ~(笑)

ゆうしさま(^^)
おひさしぶりです♪
いつも一方的に送りつけちゃってごめんなさい(^^;
お名前を見るとホッとしちゃいます(笑)
こちらこそどうぞ今年も宜しくお願いしますね♪
 

ご無沙汰しております

 投稿者:ゆうし  投稿日:2011年 1月 4日(火)20時20分4秒
  今年も宜しく
というにはあまりにもブランクがある気もしますが
お元気でしょうか?
こちらは細々となんとかやっておりますよ

このHN使うのも何年ぶりでしょうかねぇw
とりあえずネットは毎日繋いでいますよ
最近はハンゲのおえかきの森で絵を描いたりしてます

いつもいつも年賀状をいただいてからのお返事で
ほんとうに申し訳ないです
本年がよい年になりますように
そしてこれからも宜しくお願いします

http://www.nexyzbb.ne.jp/~takimitsuru/

 

あけおめです

 投稿者:岡野@てっちゃん  投稿日:2011年 1月 2日(日)21時20分42秒
  あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ということなんですが、サイトのお引越しが全く進んでいない今日この頃^^;
とりあえず、お年賀CGなるものを用意いたしましたので、
よろしければ、リンクよりもらってあげてくださいませ。

ではでは、とまさまにとって今年もよい歳でありますように。

http://nekotehouse.com/nenga2011.html

 

Re:古事記の件

 投稿者:とまさん@管理人  投稿日:2010年11月23日(火)15時45分4秒
  はじめまして(^^)鬼門さま
古事記口訳、ご覧になってくださってありがとうございます。
また、過分なお褒めの言葉まで頂戴いたしまして光栄に思います。


私は従来の注釈書はあまり気にしていません。
私自身、この古事記と言うものにたいして真正面から向かい合って楽しもうと決めたときに
学術書に限らず、フィクションの小説、漫画等、
あなたがた学者に偽書とされてるものも含めて古事記や神話時代に関連するものであれば
手当たり次第に色んなものを手に取り、読み漁りました。
そうして蓄えたものを使いながら、ぼちぼちと独自の解釈で読み解くのを楽しんでおります。
誰かの注釈をたよりにすると推理という観点で楽しくありませんので(笑)
ご参考までに「古事記」は岩波書店のものです。


>>しかもこの時誕生した男神のうちの一人、オシホミミの子はこの後スサノオの子孫である大国主を滅ぼしてしまうのです
>とありますが、大国主は国譲りを迫られますが滅ぼされた記載はありません。また、その国譲りを迫るのはタケミナカタであって、ホノニニギではありま>せんよね。ホノニニギは天下ってサルタヒコに迎えられます。

う~ん(^^;
オシホミミの子供にあたるホノニニギを「王」にすえて天下ってくる一団ですから
ホノニニギが滅ぼしたという事でいいのでは。と思いますが…
あくまでもタケミナカタはニニギの使節というか、手先というか、臣下ですからね。
そして、大国主は友好的に「国譲り」をしたのではなく
あくまでも「天つ神」の一族に滅ぼされたものと私は考えています。
国譲りではありません。侵攻侵略です。

こういう考え、読み取りをする人間もいると心に留めておいてくださると嬉しいです。
まあ・・途中でほったらかしにしているので余り偉そうには言えませんが…(苦笑


>正確な情報が広がらんことを願うばかりです。

元々の原本が存在しない古事記に正確、正解はないと考えます。
多くの写しを経て、間違った記述がされていないと断言できますか?
一語違っただけで解釈が変わってしまう…という経験は勿論ありますよね。
太安万侶がこの世に蘇ってこうだ!といわない限りは
解釈は無限に存在します。
だからこそ、古文書を読み解くのは楽しいんだと思いませんか?
私は学問としてやっていないので
こんな気楽な考えでいられるのだとは思いますが(笑)

ただ、日本には古事記のような面白い古文書がたくさんあるんだよ、という事が
沢山の人々に広がれば嬉しいなと願っています。
 

レンタル掲示板
/35