teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


掲示板 感謝とお願いです。

 投稿者:てんねんまま  投稿日:2014年 6月 9日(月)10時45分54秒
  まずは、昨日(6月8日)の、フィリアホールでの広上先生道場、レッスンお疲れ様でした。指導を受ける先生を拝見して、東京音大での生活(指揮科の先生、生徒、有志オケのみなさまも)に改めて衝撃を受けました。本当に指揮者が変わると音楽が変わるんですね。広上先生方の指導やトークも勉強になりましたし、すごく楽しかったです。レセプションで広上先生にお声をかけられる位置にいたのですが、頭が真っ白になって勇気が出ませんでした。

レセプションで、やっと茂木先生に自分の不安を伝えられてよかったです。昔は二ノ宮先生ののだめサイトで書き込んだり(大澤先生ともぎぎ先生のやりとりとか、神のレベルでした)、ソク・オケのご相談に乗っていただいたりしていたのですが、のだめサイトが突然閉鎖されたので、その頃のやりとりが残っていなくて残念でした。その後、こちらにいろいろ書き込みたいことがあったのですが、昔の掲示板の常連さまもブログへ移行したりしていて、私だけここに連続投稿したらストーカー的になって、先生のお気に触られるかと思っていたのです。講座の受講前にサインもらうのも「あー、またサインねだりに来た」と嫌がられていたりしないかなあとか。
昨日先生に満面の笑みでOKをいただきまして、数年の悩みが解消いたしました。ありがとうございます。そのくせ、ちゃっかり今回もサイン用の本とマジックを持参していたりして。

ついさっきまで、掲示板のタイトルをはじめの2007年ぐらいから目を通したのですが、懐かしいし、先生の書籍の裏話、コンサートに向けた音楽解釈、力作の模型などなど、先生のお知らせと感想以外のこともたくさん詰まっていました。そこでお願いなのですが、こちらの掲示板閉鎖のことをブログ、ツイッター、フェイスブックでもお知らせいただけたらと思うのです。そして、以前書き込みされていた方や、ツイッター以降に茂木先生とやりとりされている方にも、昔の先生の記録を読んでいただきたいです。私も記事をじっくり読みなおしたいので、閉鎖はもうしばらくお待ちくださいませ。それにしても、自分の昔の書き込みはのだめ語「デス、とか(汁)とか」多くて、時代を感じました。

あともう最後なので自分の現状を書かせていただきます。おととし諸事情により失職いたしまして、息子から「有料コンサート禁止(交通費もケチつけられてます)」「CD全部売れ」と言われまして。のだめ関連(うっかりで「マンフレッド序曲」除く)と茂木先生演奏のとどうしても大好きな曲を残して、愛すべきCD&DVDを手放しました。のだめの映画DVDもデス!シベリウス全曲もほとんどサヨナラです。その後、クラシックを聴ける時期とそうでない時期があったのですが、昨日のコンサートで「やっぱり音楽をやっていてよかった!」と思いました。久しぶりに見た先生のツイッターで知って、これは神の声だ!ぐらい気が高ぶって、あとおわびしなければ!の気持ちで行きましたが、それをはるかに超える素晴らしい内容でした。

これで次のもぎオケ48に臨めます。先生の「絶対満席にしてやる!」とのお言葉を忘れません。私も客席のセンターを狙います。終電に間に合うぐらいまで、なるべく演奏を聴きたいです。ドヴォルジャーク「チェロ協奏曲」、モツアルト「魔笛」序曲&「フィガロの結婚」序曲も予習します。これで上京するのは今年最後になりそうなので、じっくり音楽を楽しみたいです。
リハと本番、先生もライバルオケを吹き飛ばしてくださいね。

今までの書き込みよりさらにハイテンションになって申し訳ありません。今後は、ブログで平静に書き込みたいと思います。またいつかお話しできたらと願っています。それではこれからもお体をお大事に。失礼いたします。
 
 

掲示板閉鎖のお知らせ

 投稿者:もぎぎ  投稿日:2014年 5月19日(月)14時00分50秒
編集済
  長らく御愛用頂きましたこの掲示板ですが、時代の流れから別のメディアでの交流が一般的となりましたため、閉鎖差せて頂きます。今まで書込みや閲覧して下さった皆様、ありがとうございました!
今後はブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/mogidaisuke
ツィッター:https://twitter.com/mogimogimogigi
facebook:https://www.facebook.com/daisuke.mogi.18(ただし、閉鎖していることが多いです。)
を御利用下さい。今後ともよろしくお願いいたします。
茂木大輔

最後にお知らせ

6/12(木):18;30開演、東京音大Jスタジオにて、もぎオケ48:チームT、初公演単独ライブ
「ずみオケには負けたくねえ!ピーチー櫻センター就任祭」が行われます!

東京音大で一緒に勉強した学生諸君、卒業生諸君による有志オケです。握手会は後日。笑。

ドボルジャーク「チェロ協奏曲」(独奏:田代櫻)をメインに、モーツァルトの「魔笛」「フィガロの結婚」から序曲とアリアを前半に。歌のソリストは院生のほか、浅井先生(バリトン)など豪華ゲストも。
当日は、一般入場も可。無料です。是非お越し下さい。


6/12:(木)18:30~@東京音楽大学J館スタジオの、

もぎオケ48チームT(東京音大):初単独ライブ!ピーチー櫻センター就任祭!
(ドボルジャーク:チェロ協奏曲ほか。一般にも公開、無料):のお問い合わせアドレスが出来ました!お気軽にお問い合わせ下さい!

mgorch_tcm@yahoo.co.xn--jp-883a6b


田代Peaty櫻(チェロ独奏)

管弦楽:東京音楽大学有志オーケストラ(もぎオケ48:チームT)
ソプラノ:山口桜
メゾソプラノ:宮川千穂
テナー:藤巻正充
バリトン:浅井隆仁(お名前の漢字が間違っておりました。訂正してお詫びいたします。)

指揮:茂木大輔

東京音楽大学のアクセス

演奏会場のあるJ館は、未来的な本館(A館)の南

側に隣接し、階段を下って入るタイプの建物です。

会場は入って左手の階段をさらに降りた地下になります。





http://www.tokyo-ondai.ac.jp/accessmap/





 

第3回チャリティーコンサート

 投稿者:もぎぎ  投稿日:2013年11月 9日(土)12時10分45秒
  東日本大震災復興支援
第3回チャリティーコンサートに出演させていただきます。
11月15日(金)会場18:30,19:00開演
サレジオ小学校中学校講堂(小平市。武蔵小金井、国分寺、花小金井などからバス利用)
当日3,000円、予約2,500円こども割引あり。
http://olive.nagakubo.jp/info_new

*当日、会場にて、11/17こがねいガラコンサートのチケットもお買い求めいただけます。

お問い合わせ080-9569-2876

出演

第一部
茂木大輔オーボエ
茂木裕子ピアノ
クワルテット・ソレイユ(平野悦子、東山加奈子、高橋梓、太田陽子)

第2部
鳥海寮テナー
西岡崇オルガン
須藤みぎわリコーダー
丸田千晶ピアノ


第1部の演奏曲目
愛のあいさつ(オーボエ+弦楽4重奏)
モーツァルト:オーボエ4重奏曲
アメリカ第1楽章
アンダンテ・カンタービレ
バッハ:ピアノ協奏曲第1番ヘ短調

お近くのかた是非お越し下さい!

http://olive.nagakubo.jp/info_new

 

こがねいガラコンサート

 投稿者:もぎぎ  投稿日:2013年11月 6日(水)08時32分39秒
編集済
  武蔵小金井(JR中央線)直結というロケーション、非常に素晴しい音響とデザインで急速に利用者が増えている小金井市民交流センターですが、ここで昨年に続き、在住者やゆかりのある方を中心に編成した特別編成オケで演奏会をいたします。



日時:11月17日(日)午後3時開演
詳細はこちらに
http://koganei-civic-center.jp/calendar/2013/11/5619.html

小金井に本拠を置き、合唱コンクール東京都銀賞を受賞した名門合唱団、「碧」が今年は共演。
冒頭、バッハのカンタータ「目覚めよ、と呼ぶ声あり」から3曲を歌います。
(オーケストラ初共演)
読売日本交響楽団首席クラリネット奏者、藤井洋子を迎えてモーツアルト:クラリネット協奏曲。
休憩後
ハイドン:ヴァイオリン、チェロ、オーボエ、ファゴットのための協奏交響曲。ヴァイオリン;岡本雅子(東京都交響楽団)ファゴット岡本政之(同じく東京都交響楽団首席奏者)の御夫妻(小金井市在住)、フリーの室内楽、ソロ、オーケストラ首席奏者などとして活躍される阪田宏彰(チェロ:小金井市在住)、茂木大輔オーボエで演奏します。
最後はモーツアルト:交響曲第39番変ホ長調全曲。
オーケストラも、N響首席奏者永峰高志をコンサートマスターに、日本フィルコンサートマスターの江口有香、奥村愛(ソリスト)ヴィオラ:坂口弦太郎(N響)、フルート;小池郁江(都響)オーボエ;古部賢一(新日本フィル首席、ソリスト)、ティンパニ久保昌一(N響)などなど・・・
昨年に引き続き豪華なオーケストラメンバーです。
秋の一日、バッハ、ハイドン、モーツアルトの音楽を美しい響きのホールでごゆっくりお楽しみ下さい。残席僅少です。よろしくお願いします。

茂木大輔(文中敬称略)
 

ご無沙汰してます。

 投稿者:吉原幹也メール  投稿日:2013年10月23日(水)18時15分13秒
  ご無沙汰です。お元気ですか。当方、最近はご存知「艦これ」の影響で、忙しい毎日を過ごしております。模型の仕事はさっぱりですが(^^;その分、出版社に支えていただいてます。
私の師匠は高齢で活動停止してしまいました。息子さんに伺ったのですが、かなり耄碌しており、私の名前を言っても覚えてるかどうか分からないそうで、惜しいな寂しいなと残念です。欲しい資料があったら持ってけと仰っていたのですが、それも無理なようです。

もう少しお金が出来たら、先生の演奏会も参りますね。
ではでは(^^)
 
    (もぎぎ) 吉原さん
艦コレやってらっしゃるのですね!素晴しい箱絵じゃないですか。
御活躍嬉しく思います。
ただ先生の御高齢はとても淋しいことですね~。お宅に伺ったのももう随分前になってしまいました。
PTやフジミの沢山の箱絵いつも楽しみにしています。今後ともますます御活躍下さい!お元気で。茂木大輔
 

のだめコンサートお疲れ様でした。

 投稿者:久村深帆メール  投稿日:2013年 6月 3日(月)12時50分2秒
  昨日のコンサート午後の部に参加し、ブラボーと3回叫んだ女です。(笑)
本当に素晴らしいコンサートでした。
春日井市に生まれて本当によかったと誇らしく思っています。
7年前のコンサートの際、私は風邪をこじらせて入院しており、参加することができませんでした。
ですので、今回素晴らしい演奏を聴けたこと、身体で感じられたこと、
本当に、心から嬉しく思っております。
2回目のブラボーは、女性奏者には本当はブラヴァーと言うのだと知りながら、でもやはりここはブラボーだと思って、
あえてああ叫びました。
三回目は、身体が勝手に叫んでいました。
今これを入力している手も、感動を思い出して震えています。

私は、中学生の時、吹奏楽部に所属していました。
その頃たまたま訪れた本屋で、先生の著作
「オーケストラ楽器別人間学」
を読み、爆笑し、感動し、
この世の中にはこんなに沢山の才能を持っておられるのかと思いました。
その時から今まで、10年の歳月が経っています。
思えば私はもぎぎ先生の「おっかけ」だったのでしょう(笑)
これからも、心より応援しております。
重ねて、昨日のコンサートはお疲れ様でございました。
感動をありがとうございました。
そしてよければまた、春日井市にお越し頂ければ、幸いです!
 
    (もぎぎ) ブラボー、よく聴こえました!自分は勿論、長年このコンサートを制作してきた春日井しのスタッフのみなさんも本当に嬉しかったようです。
ありがとうございました!今回上演してみて、のだめのブームのようなものは終ったかも知れないが、あの名作にはずっとファンがいるし、このコンサートに興味を持って下さる方も沢山(むしろ増えて)いることがわかってきたので、今後も上演は続いて行くと思います。
まずは9/8の、初めての室内楽のだめ(ピアノ:須藤梨菜、もぎオーボエ、プリムローズ・マジック:ピアノ2重奏ほか)10/12は堺で王道ベト7、12月から3ヶ月間名古屋でベートーヴェンを集中的に指揮・演奏するシリーズ(頂点は3/8の「荘厳ミサ」)その後、3/21には各務原(東海地方)で公演が決定しています。
作家・作品・時代の解説や画像を投影しながら生のクラシック音楽を聴いて頂くスタイルで、のだめコンサート以外でも活動しておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました!
 

新刊の感想文

 投稿者:てんねんまま+  投稿日:2013年 5月10日(金)11時38分41秒
  「アイネクライネな我が回想 音楽留学ドイツ語忘備録(幻戯書房)」拝読いたしました。みなさん「爆笑!」とつぶやかれていましたね。僭越ながらドイツ語のさっぱり分からない読者の感想も書き込みさせてください。・まとめると「これまた斬新な切り口ですんごいおもしろい!でも、ドイツ語が分かる人は100倍爆笑してるんだろうなあ~。」・「オーケストラは素敵だ オーボエ吹きの修行帖 (中公文庫)」よりトリビアな(「へえ」とか懐かしいですね)トピック満載。・しかし、さすがドイツ語講座のコラムです。こんなにドイツ語が並んでいるとは予想していませんでした。「ぶんだば!」からすぐに「これはこれまでの先生の著作とは違う」と感じました。本当にドイツ語で伝えたい微妙なニュアンスを想像するのに、日本語だけでも十分おかしい部分を繰り返し読んだので(大学入試の長文読解を思い出します)、なかなか先に読み進めませんでした。ドイツ語表記が出ると本を左に傾け、恐れ多くも脳内で発音をローマ字変換してしまいました。語学のテキストみたいにCDがついていたら、雰囲気が少しは分かるかななどと甘いことを考えましたが、「自分で勉強しなさい!」デスね。・今先生が笑って振り返られることも、当時は大問題だったことでしょう。私は1990年代初頭に中国へ旅行しましたが、「トイレはどこですか?」は今でもはっきり覚えています(孫 Rui?)。・しかし、「アンコール」を読んで、これは音楽家・茂木大輔氏の著作だと感動しました。バッハの音楽をより知るために、歌詞を知ることが大事なのだとおごそかな気持ちになりました。 それでは長文失礼いたしました。では、今月20日の「新世界より」講座でもよろしくお願いいたします。
 

N響演奏会

 投稿者:夜汽車  投稿日:2013年 5月 4日(土)23時04分5秒
  茂木様、こんにちは。

今日は、N響の軽井沢の大賀ホールの演奏会に行って来ました。ホールに入ってみると、楽員の方が何人か舞台の上で練習していらっしゃいました。そこで、真っ先にオーボエの首席の席を見ると、青山さんが座っていらっしゃいました。今日は茂木様は、残念ながら乗り番ではなかったのですね。
でも、青山さんの演奏もとても素晴らしかったです。また、指揮の広上さんが非常にエネルギッシュで、N響の楽員の方もそれに応えていて、非常に素晴らしい演奏会でした。
久しぶりに聴いたN響の演奏はとても素晴らしく、大満足で至福のひと時でした。
次回は、是非茂木様の演奏を聴けたらと思います。

では。
 

ハイドン祭りキター!

 投稿者:もぎぎ  投稿日:2013年 3月19日(火)22時33分29秒
  http://www.nhk.or.jp/classic/dj/
お楽しみいただきましたDJクラシック、もぎの担当はこの3/22放送分で最終回!ハイドンの知られざる魅力を五〇分満載でお届けします。

3/22(金)21:10~22:00,NHK-FM
ぜひお聴き下さい!
http://www.nhk.or.jp/classic/dj/
http://www.nhk.or.jp/classic/dj/






DJクラシック -茂木大輔のオーケストラをやってきた!-

茂木大輔
岡本由季
- 茂木大輔のオーケストラをやってきた! -
~ハイドン祭り~

「交響曲 第6番 ニ長調“朝”から 第1楽章」 ハイドン作曲
(5分46秒)
(管弦楽)オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
(指揮)アダム・フィッシャー
<ブリリアント・クラシックス 93782/2>

「交響曲 第72番 ニ長調 第1楽章から」 ハイドン作曲
(0分30秒)
(管弦楽)オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
(指揮)アダム・フィッシャー
<ブリリアント・クラシックス 93782/21>

「交響曲 第26番 ニ短調 第3楽章から」 ハイドン作曲
(0分30秒)
(管弦楽)オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
(指揮)アダム・フィッシャー
<ブリリアント・クラシックス 93782/7>

「交響曲 第43番 変ホ長調“マーキュリー” 第4楽章から」
ハイドン作曲
(0分30秒)
(管弦楽)オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
(指揮)アダム・フィッシャー
<ブリリアント・クラシックス 93782/12>

「交響曲 第44番 ホ短調“悲しみ”から 第1楽章」
ハイドン作曲
(6分19秒)
(管弦楽)オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
(指揮)アダム・フィッシャー
<ブリリアント・クラシックス 93782/12>

「交響曲 第45番 嬰へ短調“告別”第4楽章から」
ハイドン作曲
(1分30秒)
(管弦楽)ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
(指揮)ニコラウス・アーノンクール
<TELDEC WPCC-3176>

「交響曲 第70番 ニ長調から 第4楽章」 ハイドン作曲
(3分01秒)
(管弦楽)オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
(指揮)アダム・フィッシャー
<ブリリアント・クラシックス 93782/21>

「交響曲 第82番 ハ長調“くま”第1楽章から」ハイドン作曲
(0分30秒)
(管弦楽)オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
(指揮)アダム・フィッシャー
<ブリリアント・クラシックス 93782/25>

「交響曲 第94番 ト長調“驚愕”から 第2楽章」
ハイドン作曲
(6分00秒)
(管弦楽)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
(指揮)ニコラウス・アーノンクール
<TELDEC WPCS-4179>

「オラトリオ“天地創造”序奏“混とんの描写”から」
ハイドン作曲
(1分00秒)
(管弦楽)ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
(指揮)ニコラウス・アーノンクール
<BМG BVCD-34016>

「交響曲 第44番 ホ短調“悲しみ”第3楽章から」
ハイドン作曲
(3分00秒)
(管弦楽)オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
(指揮)アダム・フィッシャー
<ブリリアント・クラシックス 93782/12>

http://www.nhk.or.jp/classic/dj/

 

文庫版「拍手のルール」

 投稿者:てんねんまま  投稿日:2013年 2月18日(月)14時52分57秒
  こんにちは。最近先生のツイッターを見つけて、昔のつぶやきから順に読んでいるところです。その中で「拍手のルール」の内容を書き直している(第1章、第2章など)ということを知り、まずはハードカバーを読み直しつつ文庫も購入しました。先生のあとがきに「ご感想を」とありましたので、恥ずかしながら少しだけ書きます。旧版と文庫で書き直しのあったところは全く違う著作のようなアプローチで、どちらも読み残してはモッタイナイと思いました。文庫は冒頭から「古典(コテ)コン」という言葉にくらっときました(「ふらいんぐばぼー」級)。「名曲の周辺を埋めて行く」という姿勢も、先生の企画コンサートなどが背景にあるのでしょう(ウェーバーなど)。でも、旧版の「誰かのファンになったら」を読んで、自分はファンのルールを踏み外していないか苦笑したり。この作品も、時がたって読み返すと今でも「そうだねー」とうなづけるところと、新しく感じたところが出てきます。
他の著作も読み直してみますね。私は現在ツイッターやフェイスブックなどは使えないため、これからもBBSから書き込みさせていただきます。 最後に申し訳ありませんが、フィリアホールでのウェーバーライブCDを購入したいのですが、どちらで入手すればよいかよろしければお知らせ願います。それではこれからの先生のご活躍と西宮のだめコンサートのご成功をお祈りしています。
 
    (もぎぎ) ありがとうございました。リブロ・コーポレーション
http://www.libromusic.co.jp/pg172.html
にお問い合わせ下さい。まだサイトには出ていませんが会場では販売しています。
 

軽井沢でのN響演奏会

 投稿者:夜汽車  投稿日:2013年 2月 1日(金)16時58分28秒
  こんにちは。
いつもTVやラジオでの御活躍を、楽しく拝見させていただいています。茂木先生の解説は、素人の私にもわかり易く、面白く、とても興味深いです。
書き込みの方は大変御無沙汰しておりまして、もう覚えていらっしゃらないと思いますが、群馬在住で群響をよく聴きに行く話しや、模型(私は鉄道模型ですが・・)の件で、以前、何度もお返事をいただきました。
さて、この度、5/4の軽井沢大賀ホールのN響演奏会のチケットを予約しました。プログラムには、私の大大大好きなベト7もあり、オーボエの見せ場も多いですね。
茂木先生が乗り番だったらいいねと、妻と話しています。
今から、とても楽しみにしています。
ではまた。
 

御挨拶

 投稿者:もぎぎ  投稿日:2013年 1月 2日(水)11時20分3秒
  年頭に当たり、皆様に御挨拶を申し上げます。本年が皆様にとって素晴しい、健康な、不安や悲しみのない一年でありますように、心よりお祈り申し上げます。また、旧年中はひとかたならぬ御厚情を賜りまして、心から御礼申し上げます。
2013年元旦 茂木大輔・拝

http://www.planet-arts.co.jp/event/eventinfo.html

 

DJクラシック:第9特集!

 投稿者:もぎぎ  投稿日:2012年11月29日(木)18時47分51秒
  DJクラシック明日(金曜日:11/30:21:00~NHK-FM)です。

これ聴けば、長い「第九」も、怖くない。笑。
NHK-FM夜9時。http://www.nhk.or.jp/classic/dj/

http://www.planet-arts.co.jp/event/eventinfo.html

 

ご無沙汰致しております。

 投稿者:岡田秋メール  投稿日:2012年11月26日(月)23時09分47秒
  こんにちは、シンフォニカで覚えていらっしゃるでしょうか、
上京して7年になります。
都内で暮らしています。
また演奏会是非拝見させて頂きに参りたいと存じます。

私事ですが、魚返さんのモデルしてました。
写真集は勲章です。なんて。
 
    (もぎぎ) うー、覚えてないのです・・・・なんの楽器でしたか?
オケやってますか?
 

11/3:ラジオ出演

 投稿者:もぎぎ  投稿日:2012年10月30日(火)11時35分19秒
  かんさい土曜ほっとタイム(NHKラジオ第1放送・全国放送)
11/3に出演者します。14:00台、約1時間。

「ぼやき川柳」が有名な本来生放送の番組ですが、生出演に大阪まで行ったところ、自民党の総裁選に重なって、収録に変更。11/3に放送されます。11/4に指揮する「第九」のハナシを中心にしていますので、プレオケの皆様、聴きに来て下さる方々、ぜひお聴き下さい。よろしくお願いいたします。
http://www.nhk.or.jp/kansaihot/

http://www.planet-arts.co.jp/event/eventinfo.html

 

10月のDJクラシック

 投稿者:てんねんまま  投稿日:2012年10月27日(土)09時03分2秒
  「オーボエ祭り」は最高の企画でした!最近茂木先生の著書「オーケストラ人間的楽器学」をまた読んだのですが、ラジオの解説と演奏でオーディションのポイントがさらに分かりやすくなったと思います。「民謡風の旋律をいかにドイツ・オケの音楽として演奏するか」とは思ってもみなかったことです。あと本当にうれしかったのは、「クープランの墓」前奏曲を取り上げてくださったことです。私の好きなクラシック音楽のベストテンに確実に入ります。前奏曲冒頭にあの旋律を聴くと、せつなくて胸が締め付けられます。メヌエット冒頭の旋律も優雅で、「ピアノ協奏曲ト長調」の第2楽章を思い出します。来月の放送も楽しみにしています。
 

フィリア・シューベルトのオペラ

 投稿者:てんねんまま  投稿日:2012年10月27日(土)09時01分23秒
  プレトークと演奏会に行けず、申し訳ありませんでした。講義の後に体調を崩しまして、医者と家族からストップがかかりました。西原先生の講義は、とても深い内容を分かりやすく楽しく解説いただきまして、出席できてよかったです。シューベルトのオペラはこんなに楽しかったんですね。ジャンルによって作曲に対する姿勢が違うということが分かりました。西原先生、茂木先生、ありがとうございました。
 

小金井市民交流センター:10/21:ガラコンサート!

 投稿者:もぎぎ  投稿日:2012年10月15日(月)10時59分21秒
  今週末の日曜日、中央線武蔵小金井駅南口前にオープンした「小金井市民交流センター」のオープンを指揮します。
小金井市在住や御縁の深いのソリスト、オケメンバーなどを一同に集め、「もぎオケ」母体のオケ、市民による合唱団も参加する華やかなコンサートです。
ソリスト:
吉田浩之(テナー)「魔笛」より。「愛の妙薬」より
小林加代子(ソプラノ)「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」「フィガロの結婚」より
奥村愛(ヴァイオリン)モーツァルト:協奏曲第5番
岡本政之(ファゴット;都響首席)モーツァルト:ファゴット協奏曲

茂木大輔(オーボエ:N響首席)藤井洋子(クラリネット:読響首席)、今井仁志(ホルン:N響首席代行)岡本政之(ファゴット:都響首席)
>協奏交響曲変ホ長調よりロンド

ヘンデル」「メサイア」より「ハレルヤ」(市民合唱団)

最後は、交響曲第41番「ジュピター」です。

非常に豪華な内容となっておりますので、新しいホール(駅前)の美しい音響も合わせてお楽しみに。ぜひ、大勢でお越し下さい。

http://koganei-civic-center.jp/calendar/2012/10/3343.html


http://www.planet-arts.co.jp/event/eventinfo.html

 

フィリアH

 投稿者:mmtzメール  投稿日:2012年10月 1日(月)23時35分2秒
  1年ぶりに投稿させていただく茂木さんと同じ歳の音楽およびのだめファンです。9月29日のフィリアホールのコンサートを拝聴しました。これまで、オーボエ奏者・音楽の楽しみを知らせてくださる執筆者・企画者等、広い範囲の音楽家としてファンでしたが、今回は指揮者としての茂木さんがすばらしかったです。茂木さんのタクトとそれに完璧に応える名人達、シューベルトの歌と推進力に感動しました。初期の1番~3番は結構好きですが、グレートがこんなにあっという間に終ってしまった演奏は初めてです(テンポということではなく、飽きずに聞けたという意味です。)。指揮者としての茂木さんの今後が非常に楽しみになりました。
今回でシリーズ完結とのことですが、是非この名人オケと次の企画をお願いします。このメンバーは茂木さんの客演指揮ではなく、茂木さんの音楽を共に創りたい有志の集まりだと思います。アバド/ルツェルン、小沢/サイトウキネンのように。次はバロック、あるいはバッハ等如何ですか。バッハだけでも協奏曲、管弦楽曲、ミサ曲等何回かのシリーズができそうです。各オケ首席級の名人達の合奏が楽しみです。でも、N響で茂木さんと池田さんが一緒に吹かれる姿を拝見するのものだめファンとしては密かな楽しみですので、オーボエも含め、今後のご活躍期待しています。
 
    (もぎぎ) 本当に励みになる御感想を心から感謝いたします。
指揮の師である広上先生が本当に喜んでくれるのではないかと思います。
また精進いたします。今後ともよろしくお願いします。

茂木大輔:拝
 

もぎオケ@フィリアホール、シューベルト「グレート」に挑みます。ウェーバーはライブCD発売!

 投稿者:もぎぎ  投稿日:2012年 9月21日(金)23時20分25秒
  9/29(土)
午後3時開演
会場:フィリアホール
東急田園都市線青葉台下車:構内直結。(渋谷から急行25分)
問い合わせ:045-685-8555
http://www.philiahall.com/j/series/120929/index.shtml
初期ロマン派の、魔法のオペラの時代を追ったコンサート。昨年のウェーバー特集に続き、今年はシューベルトを特集。小編成のシンフォニーを継続的に演奏してきたもぎオケが、トロンボーン(N響首席新田幹夫ほか)を含む大編成の「グレート」(交響曲第8番ハ長調)に挑みます。
この1曲で天国的な長さと充実感、興奮を兼ね備えた音楽史の巨峰ですが、今回はシューベルト16歳で作曲した交響曲第1番、さらに、最近は復興目覚ましいシューベルトのオペラから、最初の完成作「悪魔の悦楽城」を序曲、アリア(市原愛)抜粋でお届けします。この序曲には長大なトロンボーン・トリオが作曲されているのも聴き物です。アリアは日本初演の可能性もある大変珍しい曲ですが、素晴しい音楽です。
中心メンバーは、フルート宮崎由美香(N響アカデミー出身)、今回オーボエにはなんとN響の和久井仁、クラリネット磯部周平夫妻、ファゴット佐藤由起、ホルン今井仁志というN響布陣。室内オケの編成での弦楽器で自由に歌う名手たちが楽しみです。
コンサートマスターには初登場となる日本フィルの江口由香を迎え、首席チェロにN響藤村俊介、コントラバスには東響首席笠原勝二、若手メンバーを一流プロが引締めると言う編成です。ティンパ二には昨年に引き続き、大阪から日本センチュリー交響楽団のティンパニ奏者、安永友昭を招聘しています。
フィリアホールの組織改編に伴い、シリーズ最終回となる今回、シューベルトの偉大なシンフォニーをぜひ、素晴しい音響、メンバーでお楽しみ下さい。
*なお、昨年の公演を収録したライブCDを当日先行会場販売。サイン会も開催予定です。

http://www.planet-arts.co.jp/event/eventinfo.html

 

レンタル掲示板
/24