teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


7/16高円寺稲生座

 投稿者:HALUKA  投稿日:2017年 7月19日(水)23時03分21秒
  梅雨明けぬまま猛暑突入の文月日曜晩、熱風かき分け高円寺稲生座にお運びいただいた沢山のみなさま、まことにありがとうございました!
この日は下関より来京の弾き語りシンガー・竹内ゆえさんとの2対バン。ツアーには間に合わなかったが、ニューアルバム発表間近の彼女はノリに乗っています。

先攻HALUKAユニット。肩と腰が徐々に復調してきたハルカ、今回はエレアコでなくいつものGUILD・GF60を使用。トタニはパーカッションもコーラスもなし、ベースオンリーのメニューだったが、稲生名PAサトウのケンちやんが、気を利かせ戸谷のそばにハンドマイク置いてくれた。そしたら普段全然MCやらないトタニが思わぬところでみずからマイク握り喋りだす、というHALUKAユニットとしては珍しい展開。ジワジワ暑い夏をテーマに、10曲お届けしました。

後攻、竹内ゆえさん。猛暑の関東ツアー疲れもありや…と思いきや、赤い衣装でスックと稲生座ステージに仁王立ち、のっけからガルーダ~!と叫ぶ彼女は、エネルギーの塊。ニューアルバムの曲含め、たんたんザクザクと、歌の海を切り拓いていく。どこにもないようで、どこか懐かしい匂いの歌物語たち。タイトル聞き忘れたが、80過ぎのおばあさんにお日様のお迎えが来る歌、ジンと来た。途中カーくんのハーブがゆらゆら入り、HALUKAユニットもトタニパーカス、ハルカコーラスで1曲参加。アンコールの拍手鳴り止まず、リクエストコーナーもあり、ゆえファンにはたまらんステージでした!艱難辛苦すべてを自分のパワーとして吸収し、力強く歌う彼女の姿に心打たれました。

終演後も稲生座で呑み喰い語り、楽しい時間過ごしました。CDお買上げ下さった方、感想下さった方、差し入れ下さった方、嬉しかつたです、どうもありがとう。稲生新メニューキーマカレー?美味しかった!シェフ、マスターレイチェル、PAケンちゃん、お疲れ様でした。

竹内ゆえさんNEWアルバム「沌沌」は7/20発売です♪

7/16 HALUKA MENU
1.めぐる、夏
2.ほおずき(詩:佐藤銀猫氏)
3.たからもの
4.泳ぐ人
5.スミレの気持ち
6.笑う月
7.掌の中のお城
8.ガラスの塔
9.珈琲とチョコレート
10.花火

*****
これからのライブです

♪8/4(金)東中野じみへん
https://cafejimihen.jimdo.com/
「東中野DEナイト vol.15」
JR東中野駅東口徒歩2分 tel. 090-9242-6183
19時半~ 投げ銭制+オーダー
出演:HALUKAユニット(土居晴夏&戸谷弘幸)、おちょこ
※スーパーヴォーカリスト・おちょこ東中野DEナイトに登場。
変幻自在な彼女は今回どんなステージ魅せてくれるか、乞う御期待!

♪9/7(木)国立地球屋
http://chikyuya.info/contents/pickup
国立市東1-16-3-B1 tel.042-572-5851
出演:HALUKAユニット、青木マリduo、おちょこ&JUN ONO
※詳細後日

*****
銀色矢印のクロール 静かな青を切り開いていく
見つめる私の膝小僧に 溢れる夏の日射し・・・
 
 

6/18入谷なってるハウス「うた。みつどもえましょう。」

 投稿者:HALUKA  投稿日:2017年 6月22日(木)23時53分47秒
  水無月半ば梅雨に紫陽花濡れそぼる晩、ご来場いただいたみなさん・どうもありがとうございました。旧友おちょこの声掛けで歌ものアコースティックユニットを3つ集めた企画「うた。みつどもえましょう」。もう1組の対バンIguessの橋本くんが素敵なフライヤー作ってくれた。今回初訪の入谷なってるハウス。壁に架けられた強い色合いの絵が目をひく。天井適度に高く、こぢんまりしたステージはちゃんと客席より高く作られ、グランドピアノも置いてある。客席の椅子やテーブルもゆったり配置、居心地良さそうな空間。普段は主にジャズのインプロなどやっている小屋だそうな。

トップバッターHALUKAユニット。五十肩に続きギックリ腰再発のハルカは、ギター弾くのに脚組み&ストラップ禁止で、脚台として家にあった缶カラを使用。ギターは普段よりボディ薄くネック細めエレアコGUILDに持ち替えた。生音もよく鳴る押さえやすいこのギターで指の負担やや軽減。それでもリハ時おっかなびっくり動きの鈍いハルカを、共演者たちがセッティング時積極的に手助けしてくれた。みんなのおかげで覚悟も姿勢も決まり~後で写真みたらかなり脚おっ広げてた・衣装ロングスカートにして正解!~なんとか無事歌いきることが出来ました。初夏の夕暮れ時をテーマに8曲。

二番手、I guess。アコースティックユニットといいながら彼ら二人の音楽は重くてぶ厚いロックバンド。橋本くんのアコギの音はビュンビュンじょわんじょわん、深い沼の底から湧き出てくる感じでこういう梅雨時にしっくりくる。ともちゃんのリズムやキーボードやコーラスが影絵のようにねっとりした歌と楽曲を浮かび上がらせる。さながら初期のキングクリムゾン、プログレッシブフォークだな。これは。長くおどろおどろしい、なおかつ美しい夢に、うっとりとうなされるようなサウンド。なってるステージ後ろに飾られたコントラスト強いガランス色の絵画と、とてもよく合っていた。

トリがおちょこ&新井陽子氏のステージ。おちょこの歌にピアニストの新井陽子さんが即興で音をつけていく。おちょこは真っ赤なギブソンのセミアコを抱え音を加工しつつ、いつものやさしく力強いボーカルのお馴染みのナンバーにふわふわボイスをミックスして。新井さんはピアノの他にもピアニカやリコーダー、グランドピアノの内部を鳴らしたり、実験を試みる。二人はインプロで共演したことはあるが歌ものをやるは初めてだそうで、最初は入り口をさがし手探り状態って感じだったのが、ひゅっと侵入してころころ転がってくような瞬間があって、見て・聴いててドキドキした。もっと自由に、もっと新しいものを、おちょこと新井さんの音楽に対する気魄が感じられ、心引き込まれるステージだった。

終演後、旧知の仲間たちとリラックスして飲むのはたのしい。身体はいささかキツかったけれど、充実したみつどもえの宴の余韻にひたりつつ、ゆるゆる酔った夜でした。みんなのやさしさに感謝!またこの組み合わせでいつかやりたいな。最後まで聴いてくださったみなさん、応援してくれたみなさん、感想伝えてくださったみなさん、どうもありがとうございました。

6/18 HALUKA MENU
1.ほおずき(詩:佐藤銀猫氏)
2.最後の奇跡
3.真っ赤な新宿
4.カステラの家
5.Old fashion love song
6.帰還
7.ガラスの塔
8.小さな家族

*****
これからのライブです。

♪7/16(日)高円寺稲生座
http://ameblo.jp/inaoiza/
JR高円寺駅北口徒歩7分 tel. 03-3336-4480
20時~ 1570円+オーダー
出演:HALUKAユニット(土居晴夏&戸谷弘幸)、竹内ゆえ
※下関から唯一無二の弾き語り女王・竹内ゆえさんがやってくる!
ハラハラドキドキ・セッションもあり、お楽しみに。

♪8/4(金)東中野じみへん
https://cafejimihen.jimdo.com/
「東中野DEナイト vol.15」
JR東中野駅東口徒歩2分 tel. 090-9242-6183
19時半~ 投げ銭制+オーダー
出演:HALUKAユニット(土居晴夏&戸谷弘幸)、おちょこ
※スーパーヴォーカリスト・おちょこ東中野DEナイトに登場。
変幻自在な彼女は今回どんなステージ魅せてくれるか、乞う御期待!

どちらもよろしくです♪

*****
覚えてますか 懐かしい海、変わってく雲の色 あれはいったい何度目の奇跡だったのか
 

4/28東中野じみへん「東中野DEナイトvol.14」

 投稿者:HALUKA  投稿日:2017年 5月 1日(月)01時16分9秒
  若緑眩しい卯月最終金曜GWイブ、東中野じみへんご来場のみなさん、どうもありがとうございました!HALUKAユニット企画東中野DEナイトも14回目。今回の対バンはベテランシンガー生田敬太郎さん。vol.6に登場してもらったのが二年前、以来敬太郎さんはじみへんを気に入ってその後何度も出演、地元の私よりライブ回数多くやってるかも。味わい深い演奏と気さくな人柄に惹かれてこの日も昔からのファンの方が駆けつけてくれました。

先攻、生田敬太郎さん。東中野DEナイトはゲストさん後攻が決まりなのですが、この日は敬太郎さん希望で順序逆に。風邪引いて転んで体調崩したという敬太郎さん、「いやぁ、お恥ずかしい」とか言いながらリハから既に手にハイボールの缶が、おいっ。リハでは不安そうだったけど、本番になるとさすがプロ。しゃきっとグルーブうねりだしシブ~い敬太郎節決めてくれた。この日はソリッドのエレキの弾き語りからはじまり、途中から助っ人にバイオリンベース&リズムボックス深尾キミアキくんが参加。あの独特なうねりのある敬太郎さんの演奏に、ドンカマあてるのってどうよ?と最初思ったんだが、キミアキくんの巧妙なだし引きもあり、ギターの落とし所が決まるべきとことにくる感じが新鮮で面白かった。おっとりした敬太郎さんの語りに関西ノリでつっこみまくるキミアキくん、二人のやりとりも仲良さげでいい感じのステージだった。

後攻、HALUKAユニット。なかなか完治せぬハルカの左肩、最近はヨガで少しずつ体をほぐし筋肉つけやっとテーピングなしでギター持てるようになった。ストラップなしで弾くのにもだいぶ慣れた。じみへんは近所だしリラックスしてできるのがいい。この日HALUKAユニットの衣装は1月のじみへんフェスティバルTシャツ。ハルカのフリンジアレンジはなかなか好評で、来年じみフェスではアレンジバージョンも作ろうかなんてみどりさんと話した。ラスト2曲「珈琲とチョコレート」「何万分の一かの恋」には敬太郎さんにハープで参加してもらう。チョコの方は敬太郎さんが得意パターンで、もうばっちり。何万分の一は苦手なパターンだったみたいでリハの時「どうしよう~あんまり吹かないかも」て言ってたが、本番ではがんがん吹いてる・あれ?と思って見たら間奏だけキミアキくんが隣に座った敬太郎さんのハープをぱっととって代わりに吹いてた。どんだけ仲良いんだよ~この師弟。
オーラスは敬太郎さんの名曲「この暗い時期にも」をキミアキくんハープ、トタニベース、ハルカコーラスで。いい歌だ。甘いものであれ、苦いものであれ。珈琲も、チョコレートも。痛風も、五十肩も。それぞれの人生を形づくり、何か意味を持っているんだね。

終演後ここちよい安堵感のなかで、呑みながら敬太郎さんはじみへんの壁にかけてあったギターをおろしてつま弾き「なんだ、今ごろ弾けたよ!」とリハでフレーズが弾けず断念した曲を悔しがっている。まるで少年みたいだ。キミアキくんが「やっぱ酒入った方がいいんちゃいますか?」と囃す。お酒も節度守ればね、好ましいものとして役立つはず。私もこの日は久しぶりの酒とタバコと人とのふれあいを楽しみました。タバコめぐんでくれた方、感想伝えてくださった方、アンケート書いてくださった方、お気持ちくださったみなさん、どうもありがとう!ママみどりさん、おつかれさまでした。

4/28 HALUKA MENU
1.飛行機乗りの歌
2.カステラの家
3.言葉
4.濁った空気
5.地獄の花
6.ちぐはぐ
7.ハメルンの笛吹き男
8.珈琲とチョコレート  with 生田敬太郎(ブルースハープ)
9.何万分の一かの恋       〃   +深尾公章

*******
これからのライブです。

♪6/18(日)入谷なってるハウス
出演:HALUKAユニット、おちょこ、I guess

♪7/16(日)高円寺稲生座
出演:HALUKAユニット、竹内ゆえ(from下関)

詳細は決まり次第またお知らせしますね。

********
ああ透き通る水が流れてくよ 君の歌が魚みたく跳び跳ねてる
 

2/5高円寺稲生座

 投稿者:HALUKA  投稿日:2017年 2月11日(土)01時13分36秒
  如月立春過ぎ日曜の晩、高円寺稲生座お越しいただいたみなさん、まことにありがとうございました。
今回の対バンまりのひかりは20年以上の時を超えて再結成。その姿をひと目見ようと大勢の人が集まり、立ち見・ドア外から見が出るほどの混みよう。そんな中席譲り合いつめたり礼儀正しくご観覧いただいたお客様方に感謝の限りです。
まりのひかりとHALUKAユニットの付き合いは長い。互いに活動初めて間もない90年代初頭、いまはなき吉祥寺Be-pointというライブハウスの対バンで知り合った。メイン女性ボーカル+バック男性2人という編成(HALUKAユニットも当時は3人組)だったこと、年齢が近くしゃべり易かったこともあり交流が始まる。音楽も毛色もまったく違うタイプであったがなぜかウマが合い、まりのひかりワンマンにトタニやハルカがゲスト参加したり、HALUKAワンマンにまりのひかりメンバーがバックバンドとして参加したり、まりのひかりは90年代後半に解散してしまったけれど、その後も個別に交流は続いていた。あれから25年余。

先攻・HALUKAユニット。あいかわらず肩痛回復途上のハルカ、腕とギターが重い。ギターストラップ使わず左手を伸ばすフォームで、弦のテンションも変えテーピングして臨む。新規導入したiRigピックアップとプリアンプをライブで初使用、これが見た目は地味だが意外に優秀。指力弱いハルカのピッキングもしっかり拾いストレス最小限に食い止められ、PAサトウさんマジックでいい感じの音に仕上げてくれた、流石。トタニは今回全曲ベース使用。HALUKAユニット初期には、まりのひかりの福田久雄氏=チャー坊がベーシストとしてレコーディング参加したり、ライブもたくさん一緒にやった。元々ドラマーで、HALUKAユニット加入当初はパーカッションだったトタニ、ベース転向後のスタイルはチャー坊の影響が色濃い。チャー坊ほどの超絶技巧はないが、歌のニュアンスを汲み取り応えるセンスはなかなかのもの。心の師?の前で、トタニのベースもかなり気合入ってた様子。

後攻・まりのひかり。ボーカル・指田真理子=マリコ、ギター・藤巻光=ヒカルちゃん、ベース・福田久雄=チャー坊。今回はピアノで荻野真美さんがゲスト参加。真っ赤なフリフリのロリータドレスに身を包み登場したマリコは、ティーンのアイドルのごとくカメラのフラッシュに微笑み手を振り投げキッス。最初ギョッとしたが、マリコ独自のキャラクターで押し通されると、それが自然に見えてくるから不思議。ヒカルちゃんはにこやかにガットギター、チャー坊は飄々とベース&コーラス、マミさんは楽しげにピアノを奏で、まりのひかりの往年の名曲の数々・安心感のある王道ポップスの楽曲を次々と繰り出す。まりのひかりは歌詞がとってもガーリィ。信頼できるバックメンバーの前で、マリコの歌や表情にはいまだ乙女心みなぎり、時間が止まった感覚を覚える。若い頃はぶりっこ!とカマトト!とからかったりしたが、あの頃から倍の年月がたってもその感覚を維持し再現できる~しかもさらに堂々とした風格・貫禄&迫力が加わりパワーアップしてるのがすごい。不思議の国にタイムトラベルした気分。

とても感慨深い夜でした。懐かしい顔ぶれにもたくさん再会。CD買ってくれた方、ありがとう。ぎゅー詰め大変だったなか最後までおつきあいくださったみなさんに深謝です。そして稲生座エミちゃん、レイチェル、サトウさん、いつもおつかれさまです。またよろしく!

2/5 HALUKA MENU
1.Little Buddha River
2.Don’t cry baby なんて言わないで
3.猫のように
4.銀河の舟
5.口から生まれた口太郎
6.嘘。
7.君のレコード
8.珈琲とチョコレート
9.ほほえむ景色
10.12ヶ月

*****
3月はしばしお休み。次のライブは4月です。

♪4/28(金)東中野じみへん
https://cafejimihen.jimdo.com/
JR東中野駅東口徒歩2分 tel. 090-9242-6183
「東中野DEナイト vol.14」
19時半~ 投げ銭制+order
出演:HALUKAユニット(土居晴夏&戸谷弘幸)、生田敬太郎
??東中野DEナイトに敬太郎さん再び登場!ソウルフルな歌とギター、
間近で味わおう。セッションも予定。
*****
片や人を昂ぶらせては 片や人を寛がせる
一緒でなけりゃ嫌なんだ 似た者同士のふたり
 

1/22 東中野 Music Festival

 投稿者:HALUKA  投稿日:2017年 1月28日(土)18時11分26秒
  睦月第四日曜日、いつも「東中野DEナイト」でお世話になっているカフェじみへん5周年記念イベント、東中野Music Festivalに参加しました。じみへん始め東中野駅周辺6店舗合同企画、二日間に渡り昼から夜までプロ・アマ含む沢山のミュージシャンが同時多発ライブをするという大掛かりな企画。
HALUKAユニットは22日午後早めの時間帯にイタリアンレストラン・こ卯さぎ亭に出演。高い天井、白い壁、洒落た絵画、あちこちに置かれたウサギグッズ。お料理もとても美味しく、女子力高めのお店。にこやかなマスターにはウサギの尻尾が!。HALUKAユニットもこの日はウサギのナンバーを1曲目に持ってきた。この日はイベントに向けて創られた記念Tシャツ(中川五郎氏イラスト)を着用している参加者多数。ハルカは裾や袖に切り込みいれフリンジアレンジ、トタニはノーマル仕様で着用、HALUKAユニット史上初の揃いの衣装でのステージ。応援してくださった方、足を運んでくださった方、歌を聴いて感想伝えてくださった方、うれしったです・どうもありがとう。

1/22 HALUKA MENU
1.ウサギの物語
2.カステラの家
3.ガラスの塔
4.珈琲とチョコレート
5.音楽しようよ

自分の出番が終わってからはあちこちのお店めぐり。いろいろ聴きたいけど出演者の時間帯がかぶってたり、会場満員で人があふれかえっていたり、迷いつつ動き回るのもまた楽しい。自分の住まいの近くでこんな風な音楽イベントが開かれるなんて、ワクワク。旅先で出会ったミュージシャンに多数再会、ベテランミュージシャンの演奏も間近に聴くことができ、満足度の高いお祭りでした。これだけの企画を仕切り手配し滞りなく進めたスタッフの方々の努力尽力には頭が下がります。スタッフのみなさん、じみへんママみどりさん、ほんとうにおつかれさまでした。改めて五周年おめでとうございます&これからもよろしくです!

****
さて、次のライブは。

♪2/5(日)高円寺稲生座
http://ameblo.jp/inaoiza/
JR高円寺駅北口徒歩7分 tel. 03-3336-4480
20時~ 1570円+オーダー
出演:HALUKAユニット(土居晴夏&戸谷弘幸)
まりのひかり(指田真理子、藤巻光&福田久雄)
再結成したまりのひかりと四半世紀ぶりの対バンライブ、稲生座で!

*****
ウサギ、ウサギ 何見て跳ねる
強がり女は泣き虫女 臆病な風に耳をそばだてて
 

1/14東中野じみへん「東中野DEナイトvol.13」

 投稿者:HALUKA  投稿日:2017年 1月17日(火)22時22分1秒
  睦月最初の満月冷え込み厳しい晩、東中野じみへんにご来場くださったみなさま、ほんとうにありがとうございました!この日のゲストは丸山真史氏率いるレコード、初顔合わせ。5年以上前丸山氏:通称マルシがやってたロックバンド・browneeとは共演歴あるものの、その後紆余曲折ありしばしご無沙汰。今回マルシより「最近アコースティックユニット始めました!」と連絡あり、じゃ・ぜひ一緒に!ということでこの企画が決まりました。
ふだん東中野DEナイトは先攻HALUKAユニットが出演、後攻ゲストを紹介する構成ですが、この日は諸事情につき逆順で。大寒波襲来、お客さん大丈夫かしら?との心配も束の間、レコードさん目当てで早い時間から大勢集まって下さいました・良かったぁ。オープニングアクト飛び入りでご来場のお子たち(6歳)がPPAPをノリノリでにぎにぎしく披露。ピコ太郎人気ってすごいのね。
先攻、レコード。ボーカル&ギター・丸山真史=マルシ、パーカッション&ボーカル稲葉和成氏、リードギター・関口マサノブ氏の同い年メガネ男子3人組。マルシの書く曲はとても繊細でポップだ。高音で切なげに歌い上げる声質は、バンドでは線が細い印象だったが、アコースティックユニットだとくっきりよく通る。淡々と流れる映像的な歌詞にギターの関口氏が絶妙なタイミングで彩りを添える。brownee時代の名曲「電車」、流れる風景が揺れて見える(聴こえる)ようだった。稲葉氏のジャンベはあくまでも明るく突き抜けている。保育園パパ友だというマルシと稲葉氏とのハモりもナイス。時折乱入してくるお子たちをいなしながら演奏するさまもほほえましい。
後攻、HALUKAユニット。ハルカは肩悪化で左手自由がきかず、トタニは仕事で当日リハも十分できずドタバタ状態ではあったが、板にのったらもう覚悟を決めるっきゃない。時々入るお子たちのツッコミもなんだか可笑しく(歌詞とかホントよく聴いてるのね)、ガチガチだった気持ちと体をほんわかほぐしてくれた。もともとマルシとHALUKAユニットを結びつけてくれた共通の友達・browneeドラマー、池辺くん=ベシが世を去ってはや2年半。気持ちのまとまりがつかずなかなか形にすることができなかったけれど、彼への鎮魂歌ともいえる新曲ができた。タイトル「君のレコード」。アンコールもいただき感謝です。
終演後はカウンターでゆるりと飲みタイム。お子たちみたいに常にエネルギー出し惜しみなくガンガンやってく!てことはもうできない年齢だけど、普段だらんとしててもある一点集中してエネルギーを放出するのが大事~なんてこと思った日でした。声かけてくれた方、感想伝えてくれた方、お酒おごってくれた方、あたたかいお気持ちをどうもありがとうございます。

1/14 HALUKA MENU

1.小さな家族
2.ウサギの物語
3.赤いコートの女
4.笑う月
5.カステラの家
6.濁った空気
7.鰤大根
8.君のレコード(新曲)
9.珈琲とチョコレート
e.c.うちへ帰ろう

*****
これからのライブです。

♪1/22(日)東中野Music Festival
東中野じみへん/Hello Goodbye/Yes/地熱風/ホルモン食堂/こ卯さぎ亭
1日パス:2500円(全店入場自由)1Drink付 13-22時
??東中野じみへん5周年企画イベント。フォーク大御所多数出演。
JR東中野駅徒歩5分圏内6店舗で行う同時多発ライブ!
HALUKA ユニットはこ卯さぎ亭に出演予定。
↓タイムスケジュール詳細はじみへんHPで↓
http://cafejimihen.jimdo.com/

♪2/5(日)高円寺稲生座
http://ameblo.jp/inaoiza/
JR高円寺駅北口徒歩7分 tel. 03-3336-4480
20時~ 1570円+オーダー
出演:HALUKAユニット(土居晴夏&戸谷弘幸)
まりのひかり(指田真理子、藤巻光&福田久雄)
??再結成したまりのひかり四半世紀ぶりの対バンライブ、稲生座で!

*****
そちらの居心地どうですか こちらはそこそこやってます
素敵な夢は 宝物は見つかったかい
 

ありがとう!

 投稿者:HALUKA  投稿日:2016年12月30日(金)00時06分23秒
  >ギルドブラザーズさん
今年もいろいろお世話になりました・ワンマンライヴ楽しみたのしみ。また熱い演奏を聴かせて下さいな。
 

百までやろうぜ!

 投稿者:ギルドブラザーズ  投稿日:2016年12月29日(木)17時33分5秒
  東中野じみへんでたましいずワンマンライヴ五月に企てています!。そのころにはガソの喉も復調するであろうよ。。。お楽しみに。  

12/22東中野じみへん「三つ指のたましい百まで」

 投稿者:HALUKA  投稿日:2016年12月29日(木)01時20分59秒
編集済
  冬至過ぎ日が長くなり始めた年の瀬木曜晩、東中野じみへんにご来場いただいたお客様、どうもありがとうございました。
この日の企画「三つ指のたましい百まで」はスリーフィンガーズ(よねやまたかこ&HALUKA=タック&ハリー)と、たましいず(井上ともやす&深野一穂)とのジョイント企画。長い付き合いの4人、以前からいつか一緒にやろうと言いながら、各自多忙でタイミング合わずなかなか実現できず。今年こそはと夏から計画、クリスマス目指して!と早めに日程おさえていたのですが…先月精力的にツアーをこなす井上ともやすが喉を痛め声が出ない状態に。おまけにスリフィン・ハリーは五十肩症状悪化。いろいろ悩みましたが、けっきょく決行しました。次がいつできるかわからないし、次はない可能性もあるし。
先攻・スリーフィンガーズ。先月静岡ツアーを無事終えたタック&ハリー。今回は「星になった人大特集!」ということで、あんな人やこんな人・最近星になられた人たちの作品を集めたマニアックな選曲でお届けしました。若干こじつけの部分もありましたが、なんとかまとまったかな。毎年この時期しかやらないタック&ハリーそれぞれのオリジナルクリスマスソングも披露。ご唱和くださった方々、感謝です。
後攻・たましいずは四半世紀以上前に活動したフォークデュオ。ふたりとも作詞作曲を手掛け交互にメインボーカルをとる男二人組。クオリティ高い楽曲と演奏に定評あったが短期間で解散、この日ひさびさの再結成。今回井上ともやすの喉の安静を第一に、深野一穂が全曲メインボーカルでのステージ。複雑なコード進行、熱気あふれるボーカル、迫力あるギター、プレッシャー下よくぞ歌いきった!それをともやすのギターとマンドリン・ブルースハープが実に華麗にサポート。ふたりギルド、新曲もあり。途中観客で来ていた戸谷弘幸(HALUKAユニット)がパーカッション飛び入りで参加、深井戸(深野・井上・戸谷)のコーナーもあり。たましいずは男声2声の美しいハモりが魅力だが、今回はオアズケ。それでもともやすは嗄れ声ながら得意のMCを、おいおい喉だいじょぶか?と心配になる位しゃべり、一穂と愉快な掛け合いのコンビネーション楽しませてくれた。昔はケンカばかりのふたりってイメージだったけど、互いに対するいたわりが感じられ、感慨深かった。
最後はたましいず+スリーフィンガーズの4人でセッション2曲。それぞれ色々苦労や困難あり、それぞれ異なる形ではあるけれど歌い続けてきた4人、明日からもまたこうして生きていくのだろう、と。大変だったけど、やれてよかった。
そしてこの日の業をすべて終え、身体に差し障りのない程度に呑み(年齢だなぁ・でもこれ大事)、各自帰途に着く頃には冬らしからぬ土砂降りの雨。おつきあい下さったみなさま、どうかどうぞ元気でよい年末年始をお過ごしくださいませ。
*****
年明けのライブです。

♪1/14(土)東中野じみへん
「東中野DEナイトvol.13」
http://cafejimihen.jimdo.com/
19時半~ 投げ銭制
出演:HALUKAユニット(土居晴夏・戸谷弘幸)、レコ-ド(丸山 真史・稲葉 一成・関口 マサノブ)
※ポップな楽曲&繊細な詩人・丸山マサフミ氏の新バンド、レコードと共に。

♪1/21(土)22(日)じみへん5周年記念・東中野ストリートフェスティバル
※じみへんをはじめとした東中野駅近ライブハウス5軒の合同企画イベント。
出演多数、ビッグネームも多数出演!HALUKAユニットは22(日)出演。
詳細は近日中じみへんHPhttps://cafejimihen.jimdo.com/で発表されます。

♪2/5(日)高円寺稲生座
http://ameblo.jp/inaoiza/
JR高円寺駅北口徒歩7分 tel. 03-3336-4480
「出演:HALUKAユニット(土居晴夏&戸谷弘幸)、まりのひかり(指田真理子、藤巻光、福田久雄)
※再結成したまりのひかりと実に4半世紀ぶりの対バンライヴ!
 

11/26~28スリーフィンガーズ晩秋静岡ツアー

 投稿者:HALUKA  投稿日:2016年12月 3日(土)16時32分23秒
編集済
  街に初雪、街路樹黄金に染まる霜月最終週、スリーフィンガーズのタック(よねやまたかこ)&ハリー(HALUKA)は静岡ツアーに出かけて参りました。今回の旅は静岡の弾き語りシンガー・会津里花さんの企画で3日間。タックは以前から何度も静岡訪問経験あれど、ハリーはまったくの初体験。いや~静岡はあったかかった!スリフィンツアーは信州方面がほとんどなので、余計そう感じるのかもしれないけれど。しかも同じホテル連泊で荷物も少なめ。前々週に左肩捻挫、医者から脚組&ストラップ禁止令出てヒヤヒヤしてたハリーにとって、このあたたかさにはかなり救われました。

11/26焼津・夢擂屋(むずりや)。住宅街にある木造の建屋、お座敷のある懐かしい雰囲気漂うおでんやさん。こぢんまりしたお店ですが旅ミュージシャンの方々もよく訪れるそうな。焼津おでんは汁色濃く魚粉と味噌(ここは赤味噌だった)をつけて食す。鰹のへそ=心臓を食べたら、レバーみたいで旨かった!一番手、地元焼津のシンガー・モンブランさん。オールドファッション・フォークを渋くじっくり歌い上げる。ヤマハFG500には謎の呪文?が書かれてある。途中からむずりやの陽気なマスター・PAテツさんもベースシストとして参加しゴキゲンなステージ。二番手・会津里花さん。静岡一期一会界の第一人者。まっすぐなオリジナル、安定した楽器演奏とのびのある歌声。フォークル名曲「悲しくて」の複雑コード3拍子・沖縄語訳・ハードロック調展開へと技を効かせたアレンジには唸らされた。後半はタックよねやまのコンサーティーナとのデュオで。この二人は世界観が似ているせいか、とても相性がよくツボを心得た演奏。三番手がスリーフィンガーズ。リクエスト・オリジナル含め8曲を披露。「ケンメリ」では里花ちゃんもベースで参加で豪華に。続けてセッションコーナーでは「ザブン焼津音頭」「生活の柄」などを全員参加でにぎにぎしく。遠くからご来場のお客様あり、ご近所常連のお客様あり、ありがたい限り。終演後はお座敷&カウンターで打ち上げ。笑顔やさしいキョウコママの作るお料理がことごとく美味しい!おでんはもちろん太刀魚紫蘇巻・鮪ヅケなど、漁港近い街はお魚が新鮮でうまうまで、ツアー初日にして思わず日本酒を注文。楽しい夜でした。

11/27静岡みろくさんぶ。音楽スタジオの一角がおでんやさん&ライブスペースになっている。白い壁面、アート系の本や写真集なども並べられたオシャレな空間。天井のガラス張りスペースから時々猫が顔を覗かせている。マスター・ノダさんはゲストハウスもやっておられるそうな。静岡おでんは前日の焼津おでんよりさらに色黒、こちらのお店は白味噌をつけて食す。関東の色白おでんも別鍋に用意してある。おでんが意外に赤ワインに合うことを発見。この日は里花ちゃんのバンド、川童と共に。里花ちゃんメインボーカル&一期一会、コーラス&三線イシダさん、コーラス&パーカッションのケイコちゃんのトリオ。三声のハーモニーがとても美しい。各人それぞれ曲を作る人たちで弾き語りのコーナーもあり、バラエティ豊か。昼間ストリートフェスで既に3本ステージをこなしてきた里花ちゃんの歌はますますエネルギッシュ。ケイコちゃんのユーモア溢れるほんわかした歌、イシダさんのメッセージ性の強い個性的な歌、いろいろあって面白い。タック&ハリーもそれぞれのソロコーナーと、スリフィンを3曲づつ。そのあとは全員でセッション。里花ちゃんオリジナルの「ヒマラヤ杉」みんなでハモると厚み増大。タックの旅ソング「贅沢な人生」ではイシダさんがウォッシュボードで参戦していい感じに。最後はソウルフラワーユニオンの曲で大団円~と思いきやさらにアンコールで前日もやった焼津音頭で締め。ハリーは脚組禁止令により念のためギター弾く時の脚台用に持参した缶カラ叩いて参加。終演後はカウンター囲んで打ち上げ。このお店、焼き物系も結構おいしい。この日懐かしい音楽仲間も聴きに来てくれ、感無量のハリーはやっぱり思わず日本酒を注文。嬉しい夜でした。

11/28静岡マキタさんとみっちゃんトコ。静岡駅近のライブハウス。黒い壁縦長の店内には昔のロックや昭和歌謡のレコード、ポスターが所狭しと飾られて、ここは何時代?と思わせる空間。マスター・マキタさんが学生時代名古屋で過ごしたとき通った「ロック喫茶」を自分もやりたい!と思って脱サラ後に作ったこだわりのお店なんだそう。ロックじゃないけど昭和フォーク主体のスリーフィンガーズにはうってつけのお店。平日だしお客さんどうかな~と心配あったけれど、里花ちゃんのお弟子さんやファンの方、お店の常連さんやお仕事帰りに立ち寄って下さった会社員の方達で続々席は埋まり、感激。この日も里花ちゃん始まりで素敵な歌と楽しいおしゃべりでお客さんのハートをしっかりあたためたあと、スリフィンのステージをじっくりやらせていただきました。後半5曲は里花ちゃんがベースで参加。もともとベーシストだった里花ちゃんは実にかっこよくロックなテイストをスリフィンにつけてくれた。みんなで歌おうコーナーは当初里花ちゃん先読みの予定が、直前にハリー先読みに変更、先読みに夢中のハリーはすっかりハモりが飛んでいたのですが、さすが昭和歌謡の店、お客さまもばっちりみんなでハモりうつくしい赤い鳥が翼広げたのはお見事!終演後、みなでおつかれさまの乾杯。ビール飲みながらチーズのピザ、揚げたてラスク美味しかった。アフターライブとして、マキタさんもマーチン弾き語りでビートルズをしっとり歌ってくれた。昔マキタさんと里花ちゃんは一緒にビートルズのコピーバンドをやっていたそうで、それを聴いてた里花ちゃん「私もやる!」と一度しまったベースを再び取り出し、二人でビートルズを見事なコンビネーションで聴かせてくれた、得した気分。愉快な夜でした。

そんな感じで、無事静岡ツアー終えることができました。それぞれのお店違うカラーで楽しめました。初静岡のハリーにとって、気候もだけど人の心もやさしくあたたかかった。お世話になった人たち、歌を聴いて下さった人たち、声をかけて下さった人たち、CD買って下さった人たち、本当に感謝しています、どうもありがとうございました!そして企画・会津里花ちゃん、相棒タック、本当におつかれさまでした♪

*****
これからのライブです。

♪12/22(木)東中野じみへん
「三つ指のたましい百まで」
http://cafejimihen.jimdo.com/
19時半~投げ銭制
出演:スリ-フィンガ-ズ(HALUKA&よねやまたかこ)、たましいず(井上ともやす&深野一穂)
※女二人組スリ-フィンガ-ズと、伝説のフォ-クデュオ・男二人組たましいずとのジョイントライヴ。セッションも予定。

♪1/14(土)東中野じみへん
「東中野DEナイトvol.13」
http://cafejimihen.jimdo.com/
19時半~ 投げ銭制
出演:HALUKAユニット(土居晴夏&戸谷弘幸)、レコ-ド
※ポップな楽曲&繊細な詩人・丸山マサフミ氏の新バンド、レコードと共に。

♪1/22(日)東中野ストリートフェスティバル(仮タイトル)
※じみへんをはじめとした東中野駅近ライブハウス5軒の合同企画イベント。
出演多数、ビッグネームも多数出演!詳細後日。

♪2/5(日)高円寺稲生座
http://ameblo.jp/inaoiza/
JR高円寺駅北口徒歩7分 tel. 03-3336-4480
20時~ 1570円+オーダー
出演:HALUKAユニット(土居晴夏&戸谷弘幸)、まりのひかり(指田真理子、藤巻光、福田久雄)
※再結成したまりのひかりと実に4半世紀ぶりの対バンライヴ!

いずれもよろしくです。
 

レンタル掲示板
/30